2006年06月08日

Aの魔法陣の基本ルール

Aの魔法陣のウリは「ルールは最少の部類に属し、覚えやすい」ということ。
とはいえ、そのルールは独特で、最初はなかなかゲームの進め方がイメージしにくい。

というわけで、ここで実例をあげてゲームの進め方を解説していこうと思います。

普通のTRPGの場合
GM「その堀を飛び越える難易度は8だよ。サイコロを2個振って敏捷度を足して8以上なら成功ね」
PL「よし、良い目出ろ!」 …コロコロ
GM「5と1か。これに敏捷度の3を足して9。成功だ。君はうまく堀を飛び越えた」
という感じです。戦闘時も似た感じ。コンピューターゲームの場合はこのサイコロを振るのを自動で計算して出しているわけです。

さて、Aの魔法陣の場合
SD「その堀を飛び越える難易度は8だよ」
PL「長いサオを使って飛び越える場合は?」
SD「その場合は4になるね」
PL「よし、んじゃサオを使って【精神的に強い】【運動で鍛えている】【スマートな体つき】【冒険好き】を提出」
SD「全部通ったね。成功だ。君はうまく堀を飛び越えた」
と、なります。
サイコロを振らずに「成功要素」というやつで難易度をクリアしていく。それがAマホです。
いや、まあサイコロ振るシーンもあるんですけどね。

では、ここから細かく解説。ミサさんとの雑談で面白い課題があったので、それを例に使います。
ルールブックからタキガワ君に登場していただきましょー。
SD「君はとあるラーメン屋にやってきた。いずれ挑戦しようと思っていた巨大ラーメンを食べきるために」
タキガワ「ふふふ、この日のために準備してきたぜ!」
SD「全部食べればタダ。残してしまうと2000円の代金を支払わないといけない」
タキガワ「大丈夫。食いきってみせる!」
SD「んじゃ、いってみようか」
これはイントロダクション。
ある場合もあれば無い場合もある。ノリ次第。

M*巨大なラーメンを完食する
難易度:10
判定単位:100
制限時間:10分(10分完食でタダ)
1ターン:10分
前提:ラーメンを食べるのに役立ちそうなもの
ゲームが始まる前に、SDからこのようなゲームの目的が提示されます。
  • 「M*」は目的内容。必ず頭に「M*」を付けるのがルール。
  • 「難易度」は読んで字のごとく。ちなみに「難易度10」は「難しい。普通の人ではまず成功しない」というクラス。
  • 「判定単位」はその目的の規模。100なら人間レベル、1なら昆虫レベル、1000なら戦車・小隊クラス。数が大きいほど規模がでかいと考えてください。(厳密には違うけど、イメージ的に)
  • 「制限時間」は、この時間内にクリアできないと失敗。理由は後ろに書いてある通り。
  • 「ターン」は何回行動できるかの目安。この場合、一回の行動でクリアしないといけないということ。
  • 「前提」は、成功要素を提出するときに、この前提に即した要素を提出してください。ということ
クリアすべきゲームの目標を最初で明示するのがAマホの特徴。
実際にはこんな感じで進みます。

その1【質疑応答】
タキガワ「どんなラーメン?」
SD「真上から見て直径30cmほど。真ん中にチャーシューの塔が立っていて、そのまわりにさらに肉。そしてもやし」
タキガワ「…なんか凄いな…。伸びないように麺から食べたり、水を飲まないでがんばった場合は?」
SD「難易度は5になるね」
タキガワ「最初に麺、次に具という風に順番に食べる場合は?」
SD「ターン分割になって難易度はそれぞれ5。時間はそれぞれ5分ね」
タキガワ「オーケー」
状況を正しく判断するために、SDへの質問は積極的に。
作戦立案に役立ちます。

その2【作戦を練る】
作戦1:前提変換
質問の中にあった「伸びないように麺から食べる」「水を飲まないでがんばる」は【前提変換】という作戦になります。
「普通に食べると難易度10だけど、そんな風に工夫して食べるなら難易度は5くらいだろう」とSDが判断。難易度が下がります。この難易度5は当初提示された難易度10と等価です。

作戦2:ターン分割
本来一回の行動で目標を達成しないといけないのですが、行動を細かくすることでターンが分割され、2回行動することができます。分割することで行動回数が増え、難易度を削りやすくなります。が、時間が増えるわけではなく、この場合5分で難易度5を達成しなければいけません。

前提変換もターン分割も、SDが妥当だと決めた場合に有効になります。

その3【成功要素の提出】
次は成功要素の提出。ここで難易度がクリアできるかどうか判定されます。
■作戦1:前提変換の場合
タキガワ「それじゃあ『伸びないように麺から食べる』『水を飲まない』」
SD「難易度は5です。成功要素を提出してくださいな」
タキガワ「それじゃ…
【大食いの極意】普段から食ってるからね。
【精神的に強い】量に負けずに食いきる。
【自転車乗り】普段から運動してカロリー消費してるから、これくらい食える
【ラフな感じ】服を気にしないでラーメンに集中
【ちょっと美形】ラーメン食ってるのも絵になる
【朝から何も食べてないので空腹】一時成功要素
【普段から大盛り系メニューを注文・完食し慣れている】一時成功要素」
SD「いや、ラーメン食うのに美形は関係ないだろうー。あと【普段から大盛り系…】ってのは【大食いの極意】とかぶるから却下。他は通ったよ」
タキガワ「お、ということは」
SD「抽出された成功要素が5で、難易度が5。成功だ。無事ラーメンを完食した」
タキガワ「やりー! どうだ。中学生の胃袋をなめんなよ。と、店のおじさんにピース」
SD「ロールプレイボーナス15をあげよう」
これでM*で提示された課題をクリアしたことになります。
まず、自分の取るべき行動を宣言。
この場合『伸びないように麺から食べる』『水を飲まない』がそれにあたる。SDから「成功要素」の提出を求められるので、キャラシートに書いた成功要素から、M*で明示されている「前提:ラーメンを食べるのに役立ちそうなもの」を書きます。この時に補足説明をしておくとより説得力がでてきます。
このとき、二つまで「一時成功要素」というやつを提出できます。設定と状況にあったもので、キャラシートに書かれてなくても成功要素になりそうなもの、今回は【朝から何も食べてないので空腹】と【普段から大盛り系メニューを注文・完食し慣れている】が提出されました。

それが済んだらSDによる「抽出」作業。
設定と状況にあっていて、これはOK、これはNGというやつを公正に判断します。
今回は【ちょっと美形】【普段から大盛り系…】のふたつがそれぞれの理由で却下されました。抽出された成功要素で判定。
成功要素数が難易度より多ければその行動は成功したことになります。

さて

じゃあ難易度に届かなかった場合は失敗かというと…まだプレイヤーにチャンスが残されています。
■作戦2:ターン分割の場合
前半はちょっとはしょって、1ターン目はさっきの成功要素と一時成功要素でクリアしたことにして、次は2ターン目。
SD「難易度は5。成功要素を提出してください」
タキガワ「よし、この具を食いきれば完食だな…
【大食いの極意】普段から食ってるからね。
【精神的に強い】量に負けずに食いきる。
【自転車乗り】普段から運動してカロリー消費してるから、これくらい食える
【ラフな感じ】服を気にしないでラーメンに集中
【朝から何も食べてないので空腹】一時成功要素」
SD「いや、もう麺食ったからその一時成功要素は通らないよ。抽出されたのは4つ」
タキガワ「ああ、そうか…」
SD「どうする?」
タキガワ「中間判定だとどうなる?」
SD「お腹一杯になって満足するけど、2000円を払わないといけない」
タキガワ「だよなぁ…」
ここでまたひとつ新要素「中間判定」。
これは「成功してないけど、あと一歩。この場合の結果は?」というものです。今回のSDの説明のように、中途半端で煮え切らない結果になることが多い。…でも、失敗するよりはマシ。ターン数が多い場合は次につなげることもできるので、中間判定は必ずしも失敗ではありません。
タキガワ「うーん、それも悔しいからサイコロ振るよ」
SD「OK。通った成功要素が4つだから、4個まで振れるよ。どうする?」
タキガワ「…うーん、固定だと2だよね…。2個振る場合は合計で6以上出さないとダメか…」
SD「1個振る場合だと4以上」
タキガワ「2D6の期待値って7だよな。よし、2個振る」
このゲーム、ようやくサイコロが出てきました。
ここで注意して欲しいのは

『難易度は、判定の時は実は倍の数字で判定する』

ということ。つまり、提示されたこのターンの難易度が5なので、判定時は10以上にならないといけない。
じゃあなんで「成功要素数≧難易度ならクリア」なのか。

成功要素ひとつにつき、2の固定値をもっているからです。

「成功要素5個(つまり10)≧難易度5(つまり10)」なので、細かな所をはしょって「成功要素≧難易度ならクリア」ということになってます。問題は成功要素が足りなかった場合。

足りない分はサイコロを振って、難易度以上になればクリアになります。
ただし、通った成功要素の数だけ。

この場合、成功要素は4つ通ったので4個まで振れますが、出目の範囲は「4〜24」です。4個全部振ってもいいのですが、振らない事にした場合「2」の出目がでたことにできます。
この時のタキガワの作戦は「成功要素2個はそのまま(つまり合計4)に、サイコロ2個振って6以上を出せばいい」というもの。サイコロ2個振った時の出目の平均は7なので、まあ悪くない賭けです。普通は。
SD「じゃあ2個振って」
タキガワ「よし! ……5と1! 合計6だ!」
SD「おお、そうか」
タキガワ「よっしゃー!」
SD「残念。君はラーメン完食に失敗した。トイレに駆け込んで醜態をさらしてしまい、2000円支払うことに…」
タキガワ「えーー」
はい、残念ながら、数の上では成功ですが…ここに落とし穴。
このゲーム「サイコロの1が出た時は問答無用で失敗」というルールがあるんです。

つまり

このゲームでサイコロを振るってことは「分の悪い賭けに出る」ことと同義。
振らないで成功するにこしたことはないんですよ。
タキガワ「とほほ…夕暮れの寂しい空を見ながら自転車を押してとぼとぼ帰るよ。もうラーメンは見たくないや…」
SD「残念でした。目的達成できなかったので根源力50と、ロールプレイボーナス10をあげよう」
タキガワ「次はもうちょいうまくやろう…」
M*から始まるゲームが終了すると、結果に応じて根源力がもらえます。普通は100。失敗した場合は半分。

そして重要なのが「ロールプレイボーナス」というやつ。

これはロールプレイ、つまり「キャラになりきって演技」したときに、SDからもらえるボーナスで、SDの判断次第でいつでももらえます。
面白いのは、このロールプレイボーナスは一定数貯まっているとゲーム中いつでも使えるんですよ。ガンパレードマーチでいうところの「発言力」的に使うもんだと思って下さい。
用途は

1点:NPCとの人間関係を上昇させる。
100点:NPCに対する行動宣言で能力+1000になる。(成功要素が一気に増える)
1000点:対象のNPCをゲームの間、サポーターにする。(味方になったりする)
3000点:対象のNPCを永続的に、サポーターにする。(ずーっと味方になったりする)

一番使う機会が多いのは100点の成功要素増加か。かなり無茶な難易度でも、これをばんばん使うことで削り取ることができます。
面白いのは1000点以上の場合。
竜王「わしの味方になれば、世界の半分をお前にやろう。どうじゃ? わしの味方になるか?」
ロト「いや、むしろ俺の仲間になって世界を統治しようぜー」(RPB1000点使用)
竜王「おっけー★」
的な展開もあり。
そしてSDにそれを却下する権限はない(笑)
ばんばんロールプレイをしてボーナスを手に入れて行きましょう。


ふーーー。
これでほぼ解説終わり。これだけわかれば問題なくプレイできると思います。
さすがにSDやったり、ファンタジー編やウォードレス編をやるときはルールブック必要ですけどね。


posted by HIKO@SD at 10:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 0番 蓬莱学園の休憩室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さらっと流すつもりがかなりの分量に…ぜぇぜぇ。
あとは実際にプレイしてみた方が早いですな。


一通り読んで、なんとなーくゲームの進み方がつかめたら、1ターンゲームをやります。
準備はよろし?( ̄∀ ̄*)
Posted by HIKO at 2006年06月08日 16:12
うむ…サイコロに関して今イチよく判ってなかったんだけど
この説明で何となく雰囲気は掴めた!(笑)
後はもうやりながら覚えようと思うので、
とりあえず私は準備オッケーでっす★
Posted by カギョク at 2006年06月09日 00:31
大変だったでしょう。お疲れ様ですw
おかげでよくわかりました。
最後のロールプレイボーナスが良くわかりませんでしたが、初回プレイ時にはもってませんし、おいおいわかることでしょうw
私も準備はOKですよ!
Posted by 加納禍虎 at 2006年06月09日 01:24
おや。香織さんはまだ忙しいのかな(^^;
まあ、まだ準備期間中だし、足並みそろえてから開始しますか。
Posted by HIKO at 2006年06月12日 09:23
すいません。
ばたばたしておりました………

じゃっかんまだ疲労気味ですが、取り合えずルールーはなんとかww
Posted by 風早香織 at 2006年06月12日 20:43
お疲れさまです(笑)
概要だけわかってればあとはなんとかなると思います。
SDにもばんばん質問しちゃってくださいませ。

ではでは

はじめるとしますか!
第一回目は1ターンゲーム。課題は明日の朝提示の予定。

このゲーム「行動順番」というやつがありますので、キャラクターの提出順
つまり

1. 狐斗
2. 新
3. 千尋

の順番でゲームを進めていきます。
流れとしては

【質疑応答】→【行動宣言・成功要素提出】→【抽出・成功判定】→つぎのひとー

という感じ。
3人が行動しおわったら1ターン終了です。

さて、始まるまでしばしキャラになりきって雑談を楽しんでくださいな。
Posted by HIKO at 2006年06月12日 21:21
博рゥらですかw
んーと、13のお昼から14…もしくは15まで
奈良の方に出掛ける予定なので、もしかしたらすぐには反応出来ない
かもしれませんが、よろしくですw

よ〜っし! そんじゃあ頑張るかー!(´∀`)ノ
Posted by カギョク at 2006年06月13日 06:27
了解ですー。
まあ、チャットと違って時間の融通がきくのがBLOGゲームのいいところ。
書き込みできる時で大丈夫。
Posted by HIKO at 2006年06月13日 09:42

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。